スポーツ障害・スポーツパフォーマンスアップ施術

坐骨神経痛

​〜 当院の坐骨神経痛施術 〜

坐骨神経痛の大元は大きく括ると、

腰から」と「殿部(お尻)の筋肉から」の2つに分かれます。

腰痛と同様に、坐骨神経痛もお悩みとして

抱えている方々が大変多く見受けられます。

坐骨神経痛というと「腰」が症状の原因となっている

イメージが強く、「私はヘルニア持ちで治らないから…」

などと思われている方も少なくありません。

坐骨神経痛とはあくまで病名ではなく“症状“を表している

だけであり、「何が坐骨神経痛の原因となっているか」

しっかりと見極めることが、症状の改善のためには欠かせません。

①腰から

Instagram

椎間板ヘルニア(20〜40歳代、次いで10歳代・50〜60歳代に多い)

腰部脊柱管狭窄症(50歳代〜年齢が高いほど多い)

腰椎すべり症(40歳代以上の女性に多い)

など腰の深部が原因で神経を圧迫し、

坐骨神経痛の原因となっている状態です。

このような場合、腰の状態によって必要となる

施術やリハビリテーションがそれぞれ異なるため、

施術前のカウンセリング・検査を細かく行い疑わしい

病態を把握したのち、それぞれに

応じた施術やリハビリテーションを行います。

また、場合によっては腰の専門である

医療機関へのご紹介をさせていただく場合もございます。

②殿部(お尻)の筋肉から

殿部の奥にある「梨状筋」という筋肉が硬くなり、

坐骨神経を圧迫してしまった結果、症状が出てしまう場合が

こちらに当てはまります。

腰からの症状というイメージの強い坐骨神経痛ですが、

むしろこの「梨状筋」が原因で症状を引き起こしてしまっている

場合が多数となります。

この梨状筋は身体の奥深い位置にあるため、

表面的なマッサージや何となくのストレッチでは

なかなかアプローチ出来る場所ではありません。

梨状筋へ直接アプローチするためには

▫︎ピンポイントの把握、またポイントへアプローチするための角度

▫︎施術の際、患者さまに横になっていただく時の特定の角度

を理解した上で施術を行うことが必須となります。

また、状態やご要望に応じて鍼治療の

ご提案をさせていただく場合もございます。

〜 料金 〜

  ¥3,000(大学生以下:¥2,500

受付時間・予約ページ

-RESERVE-

​〜 予約優先制・当日予約OK 〜

☆完全予約制 ◎午後2:00〜午後5:00

​※祝日通常営業 休診日:日曜日

​ご予約・お問い合わせはこちら​